以前のお話で胎児検査・出生前診断についてお話しましたが、たくさんの検査があり何を受けていいのか迷ってしまいますね。
まず、出生前診断の検査方法には、確定検査と非確定検査の二つがあるとお話ししましたが、非確定検査=スクリーニング検査についてもう少しお話してみます。

スクリーニング検査とは

「確定検査」とは、胎児の染色体異常を診断する検査。
「非確定検査」とは、胎児が何らかの染色体異常である可能性が高い妊婦さんと
低い妊婦さんを振り分ける(スクリーニングする)検査です。

母体血清マーカー検査や「NT」胎児の首の後ろのむくみ(皮下の液体貯留像)を測る超音波検査や
妊娠初期コンバインド検査、新型出生前診断は、あくまで胎児が染色体異常にかかっている可能性が高いかどうかを評価するスクリーニング検査で、非確定検査です。
スクリーニング検査だけでは、胎児の異常の有無を診断することはできないため、羊水検査のような確定検査をお行い診断する必要があるのです。

母体血清マーカー検査(クアトロテス)の例

クアトロテスト(母体血清マーカー)では、胎児がダウン症候群である確率がわかる検査です。
何百分の一、何十分の一でダウン症候群の可能性がありますと、結果が来ます。
つまり、クアトロテストのような非確定検査のスクリーニング検査では、100%確実な結果を知ることはできません。
検査を受けた妊婦さんが、羊水検査のような確定検査を受ける必要があるかどうかを考えることになるります。

しかし、こうした検査の趣旨を充分に理解しないまま、とりあえず受けてしまうと、想定していたよりも高い確率に、いまひとつはっきりしない微妙な数値に動揺してしまう事も多くあります。

非確定検査の利点は?

診断は確定せず、しかし不安だけが出てきてしまう可能性もある「スクリーニング検査」をなぜ受けるのか、と疑問に感じてくる方も多いと思います。
しかし、スクリーニング検査には、一番の明らかな利点があります。
それは、流産のリスクが少ないという点です。
絨毛検査・羊水検査は確実な診断を得られますが、直接お母さんのお腹に針を刺します。当然、技術も必要になり対応できる病院・医師も限られてきます。
流産を回避するために、まず非侵襲的なスクリーニング検査を行い、その結果で「流産のリスクはあるが診断は確定する」確定検査を受ける必要があるかを判断していきます。

スクリーニング検査は、このような目的があることをしっかり理解して受ける必要があります。
そして、スクリーニング検査の結果だけで、ご自身の判断をすることのないように、検査の意味と必要性をしっかり理解してほしです。

[PR]