「まごわやさしい」とは、どんな食事でしょうか?これは、食材の名前の頭文字をとったものになります。この食材は、和食には欠かせないものばかり。和食はバランスが取りやすいメニューですが、この「まごわやさしい」を揃えた和の食事は、とてもバランスが良いと言われているのです!


*まごわやさしい の食材

どんな食材が当てはまるのか、見ていきましょう。


ま・・・まめ (豆類) 大豆、豆腐や納豆、油揚げなどの大豆製品や、小豆 など。畑のお肉と言われているくらい、良質なたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は、筋肉・血・ホルモンなど体をつくるための材料となります。


ご・・・ごま(種実類)ごま、落花生、くるみ、アーモンドなどたんぱく質とミネラル源です。種実類は、良質な油とたんぱく質を含んでいます。


わ・・・わかめ (海藻類)わかめ、のり、昆布、めかぶ、もずくなど体の調子を整えてくれるミネラルと腸内環境を整えてくれたり、健康維持に欠かせない食物繊維が摂れます。


や・・・やさい (野菜類)大根などの淡色野菜や、ニンジンなどの緑黄色野菜。ビタミン・ミネラル・食物繊維が摂れます。特に栄養価の高い旬の野菜を食べると良いですよ。また、淡色野菜に比べて緑黄色野菜は栄養価が高いので積極的に食べられると良いですね。


さ・・・さかな (魚介類) 魚、貝類、甲殻類も含みます。良質なたんぱく源です。特に、あじ・いわし・さんま・さばなどの青魚は「オメガ3系」の良質な油を含んでいます。妊娠力アップにも繋がるかもしれません! お肉に偏らず、お魚もしっかり食べましょう。


し・・・しいたけ(きのこ類)しいたけ、しめじ、なめこ、エリンギ、いたけなど。食物繊維が豊富で、便秘の予防や改善、生活習慣病予防にも欠かせません!


い・・・いも(いも類)じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋など。ビタミンC、エネルギー源となる炭水化物が摂れます。いも類に含まれているビタミンCは熱にも強いため、ビタミンCが摂りやすいですよ。


*和ごはんを積極的に

「まごわやさしい」は、和食には欠かせない食材ばかり。和食にするとバランスが取りやすく、さらには脂質が控えめなので健康にも良いというお話はしてきました。和のごはんはどうやって作ったら良いのかわからない。何が当てはまるのかわからない。という方は、「まごわやさしい」をベースにメニューや献立を考えると自然と和食に向いていきますよ。


私は、気が重くならないように「まごわやさしい」を意識しています。一文字・ふた文字と抜けてしまうこともありますが、次の食事で摂ろう! と気楽に「まごわやさしい」食事を取り入れています。


皆様もぜひ、日常に取り入れてみてくださいね。


あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定 認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s
http://www.nikoniko-mamas.com/
栄養士・管理栄養士・妊産婦食アドバイザー・
アンチエイジングプランナー・離乳食アドバイザー・
幼児食アドバイザー・ファスティングマイスター・
野菜コーディネーター・ 家庭料理技能検定2級

[PR]