【ラクトフェリンとは...】

ラクトフェリン(別名:ラクトトランスフェリン)は、母乳や涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質のことを言います。

外分泌液以外にも、粘膜液、白血球の一種である好中球に存在し、外部から進入する細菌やウイルスからの攻撃を防ぐ感染防御機能のひとつと考えられています。

昨今、ラクトフェリンが、不妊治療や妊活に注目されだした理由はラクトフェリンが腸内環境を整えるだけでなく、膣内、子宮内環境の改善にも有用ではないかと研究報告がなされたからです。

膣内フローラ・子宮内フローラの乱れは、早産の原因となります。

ラクトフェリンが膣内フローラ・子宮内フローラの細菌環境を改善することで早産予防の効果があるという研究結果が発表されたことから、注目されだしました。

【ラクトフェリンは、1939年にデンマークの科学者によって発見されました。】

成分名は【ラクト=ミルク】【フェリン=鉄】が結合していることに由来しています。

鉄と結合しやすい特性から赤みがかった色をしているため“牛乳の赤いタンパク質”とも呼ばれます。

 ※乳由来のタンパク質ですので、乳製品にアレルギーのある方は注意が必要です。

ラクト=ミルクとは言いますが、牛乳やヨーグルトなどの乳製品からは、ほとんど摂ることができません。

また、ラクトフェリンは身体の中でも作られますが、それほど多くはありません。

そこで、ラクトフェリンのサプリメントを服用している方も多くいるかと思いますが、ラクトフェリンは胃で大半が分解されてしまうため、胃で溶けず腸まで届き、体内の吸収効率を高める「腸溶性」のものを選ぶことが必要です。

と、これまで書いてきたように、

ラクトフェリンは「タンパク質」の一種です。

乳酸菌のような細菌が含まれている物質ではありません。

【では、なぜラクトフェリンが身体の中の細菌環境に対して有効だとされているのでしょうか? 】

それは、ラクトフェリンが細菌に対して抗菌効果があるためです。

多くの細菌は、生きるために鉄が必要です。

鉄と結合しやすいラクトフェリンは、腸内の悪玉菌から鉄を奪いとり、その生育を抑制します。

つまり、ラクトフェリンは腸内の悪玉菌からエサとなる鉄分を奪うことで、細菌を飢餓状態にし、悪玉菌の増殖を抑制する働きをしています。

一方、整腸作用で知られている善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌は、生きるために鉄をあまり必要としません。

そのため、ラクトフェリンは乳酸菌やビフィズス菌に抗菌活性を示さないどころか、ビフィズス菌を増やす働きもあり、この2つの働きで腸内細菌のバランスを整えています。

果たして内服したラクトフェリンが子宮内膜まで作用するのか?という根拠は今のところ曖昧です。

また、ラクトフェリンによってラクトバチルス菌が増えるのか?ということもまだ正確なところは分かっていません。

ラクトフェリンを飲み始めたらおなかの調子が良くなったという方は多いのではないでしょうか?

これはおなかの中でビフィズス菌などの善玉菌が増えてきたという証拠です。

ラクトフェリンは腸内環境を正常化するのに効果があることは実証されています。

また、免疫力を向上させたりと良い効果はたくさんあります。

ただ、ラクトフェリンによって子宮内の ラクトバチルス菌が増えるのか?

ということはまだまだ疑問の段階であることは覚えておいてください。

[PR]