日本産科婦人科学会は「妊娠 22 週未満の胎児が母体から娩出されること」「流産」と定義しています。(妊娠 22 週以降の場合での死亡胎児の出産は死産と定義されています)

つまり、妊娠22週未満の胎児が何らかの原因で亡くなってしまい妊娠が継続できなくなることを流産と呼びます。日本産科婦人科学会の定義ではさらに、妊娠 12 週未満の流産を『早期流産』妊娠 12 週以降 22 週未満の流産 を『後期流産』としています。

流産は大きく分けて「自然流産」「人工流産」の2つに分類することができます。

「人工流産」は流産が人工的になされること。いわゆる人工妊娠中絶のことで、母体保護法指定医が、母体保護の目的でのみ手術を許されています。

そして、人工流産以外の流産を「自然流産」と呼びます。

自然流産は【全妊娠において約15%】という高い頻度で起こります。自然流産は決して珍しいことではなく、誰にでも起こり得る可能性があることなのです。

流産全体の約80~ 90%は妊娠 12 週未満の早い時期に起こります。

早期に発生した流産の原因の主たるものは「遺伝子・染色体異常(受精卵の異常)」と言われています。

つまり、受精・着床の瞬間に「流産になる運命」と決まっていたことがほとんどです。お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することはほとんどありません。流産はとても残念なことではありますが、ご自身の行動が悪かったのかと悩んだり、ご自分を責めたりする必要はありません。

残りの約10~20%の流産は妊娠13~20週に起こります。この時期の流産の多くは、原因がはっきりと分からないことが多いです。しかし、この時期の流産は以下のような母体側の問題により起こることが多くみられます。

血液がかたまりやすい病気(抗リン脂質抗体症候群など)
子宮筋腫、瘢痕組織、重複子宮(子宮が2つある場合)、頸管無力症(子宮が大きくなるにつれて子宮口が開大してしまう)など、生殖器の構造的異常
コカインなどの薬物使用、飲酒、喫煙
重度のけが(突然の精神的ショック(悪い知らせを受けた時など)や軽いけが(滑る、転倒するなど)では一般には流産の原因にはなりません。)
サイトメガロウイルスや風疹などの感染症
重症やコントロール不良の甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分な状態)
糖尿病(重症や、コントロール不良の場合)
セリアック病、慢性腎臓病、全身性エリテマトーデス、高血圧などの病気(適切な治療をせず、妊娠中にコントロールされていない場合)
Rh式血液型不適合(母体はRhマイナスで胎児はRhプラスの場合)

近年は晩婚化に伴い高齢出産のケースが増えています。卵巣内の卵子は、胎児期にすでに出来上がっており、出生後にその総数が増えることはありません。加齢とともに卵子は消費されていき、女性の場合には年齢を重ねるほど妊娠そのものが難しくなることも知られています。また、いわゆる卵子の老化が起こってきます。その結果、染色体の異常が増加してしまいます。

女性は、理屈の上では閉経(50歳前後)まで妊娠が可能と考えられますが、流産のしやすさ(流産率)は、32歳以降から上昇し、40代なかばには、なんと流産率が50%〜60%にも達してしまいます

これまでに流産や早産を経験したことがある場合、流産しやすいという傾向があります。2回以上続けて流産した場合、再び流産する確率は以下のようになります。

2回の流産後では24%
3回の流産後では30%
4回の流産後では40~60%

流産の回数が多いほど、再び流産するリスクは高くなります。再び流産するリスクは流産の原因にもよります。原因の中には、是正または治療を行わなければ、流産を繰り返す原因になるものもあります。

一般に、1回の流産でリスク因子を検査する必要はありません。2回~ 3回以上流産を繰り返す場合は、 両親のどちらか(または両方)が流産を繰り返す「リスク因子」を持っている可能性が考えられるので、 リスク因子の検査をお勧めします。

しかし、リスク因子がわからないことも多く、その大半は、胎児の染色体異常を偶然繰り返しただけの症例で、両親には特にリスク因子がないことがわかっています。リスク因子についての検査の結果、 特段のリスク因子が無い方は、 治療を行わなくても、次回の妊娠が継続する可能性は高いと考えることができます。安易に根拠のはっきりしない治療を受けるのではなく、検査をしてリスク因子が見つからなかった場合は、安心して次回の妊娠に臨んでください。

[PR]