発酵食品、とれていますか?
発酵食品は腸内環境を整えるということは広く知られていますよね。


世界には、様々な発酵食品がありますが、日本は「発酵大国」と言われているほど発酵食品が多くあります。


発酵食品とは?

微生物のはたらきによって食材が分解され、ヒトにとって有益に作用するものを「発酵食品」といいます。この基準は、人が食べられるか食べられないかのような基準だそう。同じように食材が微生物により分解されて、ヒトにとって有益ではないものは「腐敗」となります。微生物のはたらきで、極端に言うと「発酵食品」か「腐った食品」に分けられるということのようですね。さすがに、腐ったものを発酵食品とは言いませんものね。


発酵食品に関わる菌

主な発酵食品では 乳酸菌 ・ 酵母菌 ・ 納豆菌 ・麹菌が活躍しています!


【乳酸菌】

糖を分解して、乳酸を生成します。乳酸菌は200種以上もあるそうですよ! よく耳にするビフィズス菌は、乳酸菌の1種です。乳酸菌が関係する代表的な発酵食品:ヨーグルト、チーズ、キムチ、ぬか漬 け、味噌、しょうゆなど


【酵母菌】

糖を分解して二酸化炭素とアルコールを生成します。酵母菌が関係する代表的な発酵食品:お酒、パン、みりん、しょうゆなど


【納豆菌】

稲わらに生息する細菌で、蒸した大豆に納豆菌を付着させることで納豆が出来ます!この納豆菌、腸内の悪玉菌を減らし、腐敗菌の増加も抑えてくれるのです!しかもとても強い菌で、胃酸でもやられずに腸までしっかりと届いてくれるそうなのですよ!


【麹菌】

日本の調味料には欠かせない存在の菌です!米や大豆などの穀物を加熱したときに繁殖するカビの一種です。麹菌が関係する代表的な発酵食品:みりん、しょうゆ、味噌、塩麹など


発酵食品の良いところ・気をつけたいところ

  • 腸内環境を整えてくれる
  • 免疫力を高める
  • 保存性が増す
  • 旨味がアップする
  • 栄養の吸収がアップする

ことは発酵食品を摂るメリットですね!


反対に、発酵食品で気をつけなかればならないのは・・・

塩分です。


キムチやぬか漬けなどの漬物、味噌やしょうゆは塩分が多いので摂りすぎには気をつけましょうね。発酵食品は、古くからあり、昔の人の知恵は本当にすごいと想います。そして、余談ですが、納豆を最初に食べた人もすごいと思いませんか?安心な発酵食品を積極的に取り入れて腸内環境をキレイにしていきましょう!


あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定 認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s
http://www.nikoniko-mamas.com/
栄養士・管理栄養士・妊産婦食アドバイザー・
アンチエイジングプランナー・離乳食アドバイザー・
幼児食アドバイザー・ファスティングマイスター・
野菜コーディネーター・ 家庭料理技能検定2級

[PR]