妊娠中は免疫力が低下するため、いつも以上に風邪にかかりやすくなっています。予防出来たら1番ですが、ひいてしまう時はひいてしまうのですよね。(私も妊娠中に風邪をひいた経験があります)今日は、風邪をひいてしまった時の食事についてお伝えしていきますね!


風邪を予防する!!

やはり、風邪をひかないようにすることが一番ですよね! そのためには、外出後は手洗い・うがいを必ずすることや、特に風邪が流行っている時には、マスクの着用を徹底することも大切ですよね。


食事面では、とにかくバランスの良い食事をとることが大切です。体は食べたもので作られていますからね!(食事のバランスについては、過去の記事をご覧ください)


風邪をひいてしまった!そんな時の食事の基本

消化の良いものを食べましょう

おかゆや、やわらかく煮たおうどんはオススメです。炭水化物は、すぐにエネルギーになり、さらに消化も良いのです。野菜でしたら、柔らかく煮た大根やにんじんをお粥や、うどんと一緒に煮てあげると食べやすいですよ。


あまり消化に良くない食材としては、ごぼう・こんにゃくなど繊維の多いもの 脂質の多い食べ物になりますので、これらは風邪や体調不良のときはお休みしてくださいね。


喉が痛い時は刺激物を控えて

喉に炎症があったり、痛みがある場合は刺激になるようなものは避けてあげてください。熱い・辛い・酸っぱい・塩分の強いものは刺激となります。 熱すぎるもの、生姜や唐辛子などの辛いもの、酸味の強いもの(お酢や柑橘 系)、塩分が多いもの(漬物など)はしみたりしますのでなるべく避けてくださいね。野菜では、トマトも喉にしみやすいですので、風邪で喉が痛いときにはお休みしたほうが良いかもしれませんね。


喉に良い食材では、れんこんは喉の炎症を抑えると言われているので、すりおろしてスープや味噌汁にしたり、おうどんに入れて煮たりすることもオススメです。


水分補給をしっかりと

食欲がないときは、無理に食べなくても大丈夫ですが、水分と食べられそうなものを食べるようにしてくださいね。さっぱりしたフルーツでも良いですよ。フルーツの果糖はすぐにエネルギーになるので、オススメです。食べられていない時は、エネルギーや電解質も補えるスポーツドリンクも良いですが、食事を食べられていれば、スポーツドリンクや、糖分の入っている飲み物は控えて、お水やお茶(妊婦さんでしたら、ノンカフェインが安心ですね)などにしましょう。


《しっかり食べられる時》

風邪をひいても、食欲があればいつものようにバランス良く食べるようにしてください。回復も早いですよ。また、水分はこまめにしっかり摂ってくださいね。


妊活中・妊娠中は、風邪薬も自己判断では飲めないので、つらかったり長引く時などはお医者さんに診てもらってくださいね。


あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定 認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s
http://www.nikoniko-mamas.com/
栄養士・管理栄養士・妊産婦食アドバイザー・
アンチエイジングプランナー・離乳食アドバイザー・
幼児食アドバイザー・ファスティングマイスター・
野菜コーディネーター・ 家庭料理技能検定2級

[PR]