AMH アンチミュラー管ホルモン

卵胞は年齢とともに減っていきます。
AMH アンチミュラー管ホルモンとは 、卵巣に残っている卵胞がどのぐらいなのかの目安を見るホルモンになります。
AMHは、成長途中にある卵胞から、分泌されるホルモンで、
血中AMH値が原子卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。
その値は、卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか、つまり卵巣の予備能がどれぐらいかを反映すると考えられています。
この値が高ければ卵巣に残されている卵胞も多く、低ければ少ないだろうという目安になります。年齢とともに、 AMH も低くなる傾向はありますが、成長段階にない原始卵胞に本当に比例しているとは限らず、個人差もあります。また、どの年齢にもゼロの方はいますが、ゼロでも特に若い方には妊娠した例もあります。 AMHの数値が表すのはあくまでも卵子の在庫の目安であって、その卵の質がいいか、順調に育つかは年齢に関係しますので、この値ではわかりません。
卵子の老化は実年齢に比例するのです。
同じAMH値であっても、年齢が高くなればなるほど反応はわるくなります。

『AMH=妊娠率』ではありません

良く誤解されるのが、AMH値が低いと妊娠率も低いのではと、思われがちな事です。 どの年齢にもゼロの方はいて、ゼロでも特に若い方には自然に妊娠・出産した例もあるのです。 受精卵さえできれば、その人の年齢なりの妊娠率で妊娠できるのです。妊娠率は、AMHの値ではなく、年齢に大きく関係します。
重要なのは、その受精するまでの利用できる卵が残っているかどうかが問題で、その卵が残っているかを判断する指標になるのがAMHの値になるのです。

AMHの検査結果の値を正常なのか異常なのかを気にしてしまう方も多いと思いますが、AMH値は基準値・正常値を設定することは出来ません。
AMH値を年代別にみると、年齢と共にAMH値は減少する傾向にあり、その統計から、平均値(年齢との相関関係)として統計値で見ています。
AMH値が低いからほとんど妊娠できない、ということではありません。

年齢と卵巣機能

卵巣機能はいつから衰えるのか?
年齢を重ねれば、全ての臓器で老化が起こり、卵巣も例外ではなく、機能が低下していきます。卵巣機能が低下してくると、 FSH と LH が上昇してきます。どちらの値も高くなると閉経が近いと考えられています。そして日本人の平均的な閉経年齢は50歳ですが、それ以前、特に40歳以前にどちらも高い値を示す場合、早期閉経が疑われます。このようなホルモン変化と、卵巣機能の著しい低下は、閉経真近になると、急に現れるようになります。

卵巣機能が衰えていくように、もちろん卵も老化していきます。卵は生まれた時にすでに卵巣の中にありました。細胞分裂をして数を増やしたり、再生したりすることができない卵は、持ち主の女性と同じように年齢を重ねていきます。同じ様に、あなたの年齢と、卵の年齢は同じということになるでしょう。年齢を重ねるということは、当然、老化が起こり、ダメージを受けます。言い換えれば20年経てば20年分老化し、40年経てば40年分老化しているということになります。

卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた卵子が保存されているだけです。したがって生きた卵子はどんどん消滅して数がどんどん減少するとともに、年齢とともに卵子自体も年をとり古くなります。

卵子の質は、その古さ、年齢の影響を直接受け、卵子の数も年齢とともにどんどん減っていきます。 その数は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということがおきます。卵巣の予備能は今までのホルモン検査ではよくわかりませんでした。
AMHはその指標であり、また他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査です。正しい自分のAMH、卵巣予備能を知ってほしいと思います。
卵巣予備能を知ることで、ご自身のライフプランをイメージする事も出来ます。寿命がどんどん長くなっても、女性の生殖年齢は昔と変わりません。
まず、AMHを測っていわゆる「卵巣年齢」をチェックしてから自分の人生設計をしてください。

※AMH検査は卵巣予備能の目安となります。妊娠を保証するものではありません。

[PR]