「DNA」「遺伝子」「染色体」の違いについて説明したいと思います。

「DNA」は遺伝情報を記録している物質です。全ての生命にとって生命を維持し、増殖し、次の世代に受け継いでいく上で欠かせないのが遺伝情報です。このDNAに生物を作るために必要な情報が全て詰まっているのです。

「遺伝子」はDNA上でタンパク質の作り方を記録している場所のことをいいます。(「エキソン」と呼ばれます。)遺伝情報(生命の活動)とはタンパク質を作ることです。

実は、DNAのすべてがタンパク質について書かれているわけではなく、DNAには遺伝情報を持っている部分と持っていない部分が存在し,「遺伝子」の部分は全情報の1.5%ほどしかありません。

残りの部分は、DNAが働くときの制御に必要な情報が書かれています。

遺伝情報をもっているDNAの一部のことを「遺伝子」といいます。

「染色体」とは、DNAと「ヒストン」と呼ばれるタンパク質からなる物質です。
DNAは普段、ヒストンに巻きつくことによって、折り畳まれています。

DNAはとても長い物質なので、DNAを細胞核内に収める入れ物の役割を染色体が果たしています。

私たちの体を構成する全ての細胞には、「核(細胞核)」があり、その中に個体の情報が詰まっています。その情報を記録し設計図の役割をしているものが「DNA」です。

そのDNAを核内に収めるため折り畳まれたものが「染色体」です。DNAのうち、遺伝情報を持つ領域が「遺伝子」というわけです。

[PR]