わたし、妊娠したかも?妊娠できているかな・・・


妊活中の人は、 高温期における排卵日、受精、着床に対してとても敏感になります。


妊娠への期待・不安を感じる事が多くなる時期、高温期の毎日の体の変化がとても気になり、「妊娠したかも、着床したかも」と期待してしまう事も。


気になる高温期を正しく理解し落ち着いて妊娠を迎えられるように、高温期の日々の変化を詳しく解説していきます。


高温期の仕組みをきちんと知り、排卵日を知ることで妊娠への近道になります。

高温期とは、そもそもどんな時期なのでしょうか。


女性の体は妊娠し出産するための準備を毎月行っています。

準備期間に妊娠しなかったら、生理として体外に何日間かかけて流れ出ていきます。

この間に分泌されるホルモンの変化で体温の変動があり、「低温期」「高温期」が現れます。

「高温期」とは、「低温期」に比べて0.3~0.6℃程のわずかな違いのみで、自覚症状を感じる方は少ないと言われます。

「高温期」「低温期」がはっきりしている基礎体温の場合は、ホルモンの分泌が正常になされているので、妊娠しやすい状態と言えます。

はっきりしない「高温期」「低温期」が分かれていないグラフになった場合は、無排卵月経などの可能性もあります。専門医への受診が必要になります。

「高温期」「低温期」を知るためには、まず基礎体温を測る必要があります。

基礎体温をつけることは「妊活」の基本となります。

生理周期を知ることが妊娠への近道となります


妊娠を望む人は、まず基礎体温を測る習慣を作りましょう。
基礎体温表を作り、自分の生理周期を知ることがとても大切です。
生理周期を知ることで、排卵日を予測する事ができ妊娠への近道となります。


女性の基礎体温は、「高温期」と「低温期」の二相性を示します。

基礎体温とは朝目覚めて一番安静な状態で測った体温の事。

運動や食事、感情の起伏で影響を受けていない、基礎代謝だけの体温です。

基礎体温を測ることで、女性ホルモンが正常に働いているかを確認することが出来ます。

基礎体温は、生理周期に合わせて大きく高温期・低温期の二相に分かれ、

生理開始から排卵前後までの時期が「低温期」 排卵前後から次の生理開始までの時期が「高温期」にあたります。


排卵が起こると、卵巣に残った卵胞から体温を上げる作用のあるプロゲステロン(黄体ホルモン)

が分泌され、高温期に入ります。

黄体ホルモンは体温を上昇させ、子宮内膜を着床しやすい状態にする働きがあります。

高温期はだいたい14日間続き、この間に妊娠が成立しないと、

プロゲステロンの分泌量が低下して高温期は終了し、

子宮内膜が剥がれ落ち生理が始まり体温が下がって、次の排卵がおこるまで低温期が続きます。

妊娠が成立するとプロゲステロンが分泌され続けるので、高温期が維持されます。

この体温の変化が基礎体温表に二相性となってあらわれます。


[PR]