前の記事では、亜鉛がたくさん含まれている食品についてお伝えしました。

貝類や牛肉に特に多く含まれていますが、大豆製品の納豆や高野豆腐にも亜鉛が含まれています。

生鮮食品の魚介類や牛肉は、買ってから日持ちはしませんが、大豆製品なら精製食品に比べると日持ちしますので、おうちに常備しておくと、とても便利ですよ。

特に高野豆腐は乾物なので賞味期限も長く、常温で保存が可能という、なんとも嬉しい食材です。

今日は、そんな「高野豆腐」を使ったメニューをご紹介します。

*妊活中のからだつくりのために
〜ミネラルしっかり!高野豆腐の卵とじ〜

【材料(2人分)】

  • 高野豆腐・・・・・・・・・2枚
  • たまご・・・・・・・・・・2個
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・1/4個
  • だし汁・・・・・・・・・・200cc
  • しょうゆ・・・・・・・・・大さじ1
  • 酒・・ ・・・・・・・・・・大さじ1/2
  • はちみつ・・・・・・・・・大さじ1弱(※)
  • 塩・・・・・・・・・・・・適宜

※はちみつを使わない場合は、砂糖大さじ1/2とみりん大さじ1で。

【作り方】

  1. 高野豆腐は、袋の表示の通りに水で戻し、軽く水気をしぼり、一口大に切っておきます。
  2. 玉ねぎは、薄切りにします。
  3. お鍋(フライパンでもOK)に、だし汁、調味料を入れて沸騰させます。そこに、玉ねぎ・高野豆腐を加えて中火〜弱火で5分ほど含め煮ます。
  4. 溶きほぐした たまごを全体に回し入れ、蓋をしてたまごに火を通します。
  5. 器に盛り、茹でた絹さやや、スナップエンドウなど緑を入れると彩りキレイに仕上がります!

(1人分 エネルギー:229kcal  たんぱく質:17.6g カルシウム:162mg  亜鉛:1.9mg  鉄:2.7mg ) 

*栄養・調理Point*

高野豆腐は、大豆が原料の植物性の良質なたんぱく質。

亜鉛・鉄・カルシウムといった、なかなか摂りづらいミネラルを多く含んでいます!

卵とじにすることで、卵の栄養価がプラスされます。卵は、ビタミンCと食物繊維以外の栄養を含んでいるため、完全栄養食品とも言われています。

高野豆腐は常温で保存可能ですし、たまごは冷蔵庫に常備している方も多いですよね。おかずに困ったときにもとても役立つメニューですよ。

ごはんの上にのせて、丼にすることもオススメです! 

主婦目線ですが、丼は洗い物も少ないですから楽ですよね。

ぜひ、お試しください。

あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定
認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s

[PR]