お魚は、良質なたんぱく源だったり、血管障害の予防や、アレルギー反応を抑制する作用があるDHAやEPAを多く含んでいて、栄養のバランスの良い食事には欠かせないものです。

また、今までの記事でも、「妊娠率をアップさせてくれる可能性があるもの」とお伝えしてきました。

ですが、種類によっては、妊娠中には気を付けたいものもあるのです。


なぜ気をつけなければいけないの?

魚には、食物連鎖によって自然界に存在する水銀が取り込まれています

特に大きな魚にはより多くの水銀が取り込まれています。そのような魚をたくさん食べることで、お腹の赤ちゃんに影響がある可能性があることが指摘されています。

また、体内に取り込まれた水銀は、胎盤を通して移動し、胎児は水銀を体の外へ出すことができないのです。妊娠に気づいた時から気をつけましょう。

(私たちは、普段の食事で体に取り込まれた水銀は徐々に体の外に出て行き、2ヶ月で取り込んだ量の半分になりますので、普通の食生活をしていれば水銀が過剰にからだのなかに溜まっていくことはありません。)


どんなお魚に気をつけたら良いの?

種類とその量について

1食に食べるお魚の量を80gとしています。1食分(80g)に含まれている水銀の量に注意しましょう。

【1週間に2個(80gを2回)まで食べられるお魚】

・キダイ ・マカジキ ・ユメカサゴ ・ミナミマグロ(インドマグロ) 
・ヨシキリザメ ・イシイルカ ・クロムツ

【1週間に1個(80gを1回)まで食べられるお魚】

・キンメダイ ・ツチクジラ ・メカジキ ・クロマグロ(本マグロ) 
・メバチマグロ ・エッチュウバイガイ ・マッコウクジラ

【2週間に1個(80gを1回)まで食べられるお魚】

・コビレゴンドウ

【8週間に1個(80gを1回)まで食べられるお魚】

・バンドウイルカ

これらのお魚の量と頻度には気をつけていきましょうね。


心配しないで!気にしないで食べられるお魚たち

注意が必要な魚が結構ありますよね。でも、心配なく食べられるお魚はたくさんありますので、お魚もしっかりと食べてくださいね!

【特に注意が必要でない魚】

・キハダマグロ ・ビンナガ(ビンチョウ)マグロ ・メジマグロ
・ツナ缶 ・サケ ・アジ ・サバ ・イワシ ・サンマ
・ タイ ・ブリ ・カツオ 

などがあります。


水銀以外で気をつけたいビタミンAの多いお魚

川のお魚ですが「うなぎ」も妊婦さんは注意が必要です。

うなぎに多く含まれているビタミンA(動物性の)は、特に妊娠初期に摂り過ぎてしまうと赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があると言われています。

妊娠3ヶ月以内、または妊娠を希望している妊活さんは妊婦の推奨量を超えるような過剰摂取をしないようにしましょう。

ちなみに、妊婦さんのビタミンA必要量は600μg、上限は1500μgです。うなぎの蒲焼100gでは1500μgが含まれています。

バランスの良い食事には「魚」は欠かせませんので、お魚の種類と頻度には気をつけましょうね。


あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定 認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s
http://www.nikoniko-mamas.com/
栄養士・管理栄養士・妊産婦食アドバイザー・
アンチエイジングプランナー・離乳食アドバイザー・
幼児食アドバイザー・ファスティングマイスター・
野菜コーディネーター・ 家庭料理技能検定2級

[PR]