妊娠により女性ホルモンの増加が起こり、それを好む歯周病菌が増加します。妊婦さんはつわりや体調の変化、だ液分泌の変化などでブラッシングが難しくなりがちなため、歯周病やむし歯になりやすいと言われています。

では、妊娠時のお口のケアは、どのように行ったらよいのでしょうか?

妊娠初期は、つわりがひどく、歯ブラシを口にするのも苦労しがちな時期です。一日のうちで、体調の良い時間に歯磨きするようにしてください。

歯磨き粉の匂いで気持ち悪くなることもありますが、ブラッシングで大切なのは歯磨き粉の良し悪しよりも、まずはしっかり丁寧に磨くことです。

歯磨き方法としては、下を向いて前かがみの体勢になります。そして、なるべく歯ブラシを舌に当てないようにしてブラッシングしてみてください。

そうする事で嘔吐感を避けやすくなります。香料の少ない歯磨き粉を選び、リラックスしながら行ってみてください。

歯ブラシはなるべく小さめのものを選びましょう。大きい歯ブラシは、喉を刺激しやすく、吐き気を感じさせやすくします。

それでも歯磨きできない時は、デンタルリンスや水でブクブクうがいを行ったり、キシリトールガムを食べる事もおすすめします。キシリトールはむし歯菌を減らし、歯の再石灰化を促進させる働きがあります。

妊娠中は、味覚や臭覚が敏感になり歯磨きが怠りがちになりますが、あまり無理をせずできる時に歯を磨いてください。

そして可能であれば妊娠中に積極的に歯科医院に通うこともおすすめします。産後は忙しくなるので、妊婦中にお口のチェックをしておくことが大事です。あまり無理をせず、できる時に…を心掛けてみてください。

母子ともに、健康な歯で出産の日を迎えましょう。

[PR]