今まで、ずっと「食事のバランス」「偏らないこと」が大事です。としつこいくらいにお伝えしてきました。今日は、妊産婦のための食生活指針についてお伝えしていきますね!(食生活に関わる部分に説明やポイントを入れていきます)


妊産婦のための食生活指針とは?

厚生労働省が、妊娠痛・授乳中の望ましい食生活のために示した9項目の指針になります。

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b01.pdf

他に、妊産婦のための食事バランスガイドや、望ましい体重増加についても記載があります。

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b02.pdf


妊産婦のための食生活指針

妊娠前から、健康なからだづくりを

以前の記事でも記載しましたが、BMI(体格指数)が低くても高くても妊娠 率はよくありません。健康的な食生活で適正体重を目指しましょう!


「主食」を中心にエネルギーをしっかりと

ごはん・パン・麺など主食といわれるものは、エネルギー源になる炭水化物(糖質)を多く含みます。


不足しがちなビタミン・ミネラルを「副菜」でたっぷりと

副菜は、野菜類・きのこ類・きのこ類・海藻類のおかずを言います。野菜は、1日350g以上で、そのうち1/3以上は色の濃い野菜・緑黄色野菜で摂取することを目指しましょう!


からだづくりの基礎となる「主菜」は適量を

主菜はメインのお料理です。お肉・魚介類・卵・大豆製品などたんぱく質を多く含むおかずをいいます。それぞれのたんぱく源には異なる大切な栄養素が含まれています。1日の中で偏ることなくバランス良く食べることが栄養バランスを整えるポイントです。例えば、朝食で大豆製品と卵を食べたら、昼食にはお肉、夕食では魚介類・・・などとうまく組み合わせていくと良いでしょう。


牛乳・乳製品などの多様な食品を組み合わせて、カルシウムを十分に

カルシウムを多く含む食品には、緑黄色野菜や小魚などもありますが、乳製品の吸収率が一番高いと言われています。牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品も1日の中で摂るようにしましょう。


妊娠中の体重増加は、お母さんと赤ちゃんにとって望ましい量に

母乳育児も、バランスの良い食生活のなかで

たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう

◯お母さんと赤ちゃんの健やかな毎日は、からだと心にゆとりのある生活から生まれます

食べたものがお腹の赤ちゃんのためになると思って 楽しみながら食事をしてくださいね!


あなたのかかりつけ栄養士
公益社団法人日本栄養士会認定 認定栄養ケア・ステーション
NPO法人 にこにこmama’s
http://www.nikoniko-mamas.com/
栄養士・管理栄養士・妊産婦食アドバイザー・
アンチエイジングプランナー・離乳食アドバイザー・
幼児食アドバイザー・ファスティングマイスター・
野菜コーディネーター・ 家庭料理技能検定2級

[PR]